• プリザーブドフラワーがお供えに適している理由

    • 記念品や贈り物として多くの人達から注目されているプリザーブドフラワーは、近年お仏壇のお供えとしても注目されるようになりました。昔から日本では、お仏壇へのお供えとして生花が選ばれていました。



      しかし、時代が変化するにつれてお供えとして選ばれる花が変わりました。
      お仏壇へのお供えとして使われていた生花がプリザーブドフラワーに変わった理由はいくつかありますが、最も大きな理由が枯れたり腐ったりしないという事です。生花をお仏壇のお供えとして使った場合、時間が経過してしまうと枯れてしまいます。
      生花は手入れをしていても長持ちしない為、すぐに新しい花を用意しなければなりません。しかし、特殊な加工が施されたプリザーブドフラワーは手入れをほとんどしなくても枯れる事が無い事に加えて、枯れた花はお仏壇を汚してしまう事もありません。

      新しい花を用意する必要もなくなる為、花を用意する費用を抑える事ができます。

      利便性を重視したiemoの情報を公開しているサイトです。

      また、生花の場合は水が必要になるので常に新鮮な水を準備しておかなければなりません。

      プリザーブドフラワーの情報が欲しい方必見です。

      ですが、気温によっては新鮮な水を用意していてもすぐに水が汚れてしまい最終的には腐ってしまいます。
      プリザーブドフラワーは水を準備しておく必要が無いので、水が汚れて腐ってしまうという心配をする必要がなくなり手入れに必要な時間を短縮する事もできます。


      お仏壇のお供えとして作られているプリザーブドフラワーの種類は増え続けています。
      生花の手入れが大変で困っているという人は子のような花を使ってみましょう。

  • 初心者向き造花

  • もっと知りたい造花

    • プリザーブドフラワーを使った花束が増えた理由

      お祝いやお礼の気持ちを伝える為に贈られる事が多い花束は多くの場合生花を使って作られます。贈るシチュエーションや相手によって花を選ぶ事ができて、少ない予算でも豪華な花束を作る事ができますが、せっかく貰ってもすぐに枯れてしまい長い間美しい状態の花を楽しむ事ができません。...

  • サポート情報・読めば解る